Category : 元気がなくなってきた

下半身に自信をなくしたミドルエイジのための元気回復法は「馬刺し」

中年期に入ると多くの男性が下半身の意勃起力の低下に悩むものです。一説によると、50才男性の半数以上がEDに悩んでいると言われます。必ずしも完全に勃起できないのではなく、時間がかかったり、途中でしおれてしまったりするのもよくある症状。EDにはいくつかの要因がありますが、大きなものはストレスと血行不良です。

性欲はあるのに勃起できないと余計にストレスが溜まります。運動をしたり、食べる量を制限すれば改善することはわかっていても、それがなかなかできないからこそ今の状態に至っているわけです。そんな人に役に立つ「美味しい」方法が、馬刺しです。

◆下半身の元気回復は、家族の幸せのために大切な要素

40代、50代の女性は肉体的にはもっとも成熟する時期にありますので、妻にとって夫のEDは密やかで深刻な悩みにもなり得ます。最近は熟年での離婚が増えていますが、その大きな原因の一つは「セックスレス」。夫婦生活がなくなると、夫婦の絆も弱くなるのでしょう。EDは自分だけの問題ではなく、家族全体の問題です。

◆メタボ体質化から脱却して下半身の力を取り戻すには?

EDの大きな要因の一つは血行が悪くなることです。メタボ体質になると、血液がドロドロになり血流が滞ります。勃起は男性器に血液が集中することで起こりますので、血液の流れが悪くなると、てきめんに勃起力に影響が出てきます。性的刺激を受けて脳から男性器に勃起の指示が出ても、血液が流れ込めないため指示通りに動けないのです。

これを改善するには血液の流れを良くするしかありません。そのためには、運動をすることと、ヘルシーな食事を取り戻す必要があります。ただ、「さあ、運動しよう!」と言われても、なかなかできない人も多いでしょう。特別な運動を新たに始めるのはかなり大きな決意が必要です。とりあえずできるのは、エスカレーターを階段に変えるとか、駅までの道のりを早足で歩くなどでしょう。その程度の運動でも、少しは効果が出るはずです。

楽して改善したいのなら、牛肉を馬肉に変えることがひとつの方法です。馬肉のカロリーは牛肉の半分以下。同じ量を食べても半分しかたまりません。しかも、タンパク質は同じくらい、ビタミンやミネラルはより多く摂取することもできます。疲労回復に役立つグリコーゲンも豊富なので、疲れた体にもぴったりです。

馬肉は「刺身」で食べるのがポピュラー。牛と違って、ヒレやロース、モモ、バラなど色んな部位が「馬刺し」として食べられます。本場のメーカーから通販で取り寄せれば、バラエティ豊かな美味しいお肉を安く手に入れることもできるでしょう。さまざまな味覚を楽しみながら、ダイエットやメタボ対策、疲労回復にも役立ちます。そして、最終目的であるED対策にもなり、まさに「馬並み」になることができるのです。 ヘルシーに元気を回復できる馬刺しで、馬並みの能力を取り戻しましょう!

Recommend