Category : 日常の変化

のどが渇く・尿の量が増えた

「最近、やたらと喉が渇く」「尿の量が増えた気がする」… そんな症状に心当たりのある人は、糖尿病を疑ってみましょう。 40歳を過ぎると発症率が上がりますので、まだ症状のない人も予防のために、生活習慣を見直すことが大切です。

◆糖尿病ってどんな病気?

すでに糖尿病にかかっている人と、かかっている可能性がある人(糖尿病予備軍)の割合は、40代でも年々増えてきています。 厚生労働省のデータによると、40代男性の約16パーセントが、糖尿病もしくは予備軍です。

「よく聞くけど、そもそも糖尿病ってどんな病気?」と思っている方もいるかもしれません。糖尿病は、簡単にいえば血糖値が高くなり、ブドウ糖をうまく体にとり入れられなくなる病気です。

ブドウ糖が細胞の中に運ばれなくなって、血中にあふれてしまうことで血糖値が上昇します。どうしてそうなるのかというと、血糖値を下げる「インスリン」というホルモンが不足する、もしくはうまく作用しなくなるからです。

私たちは食事をとるごとに血糖値を上げていますが、膵臓から分泌されるインスリンが、毎回それを下げてくれています。そして血中のブドウ糖を細胞に運び、エネルギーに変えてくれるのもインスリンのはたらきです。

インスリンが不足する、もしくは分泌されても十分に作用していない、などの状態が起こると、糖尿病になります。そのため、外からインスリンを注射する必要があるのです。

◆生活習慣の改善が第一

血糖が高くなると、血液が甘いシロップのように濃くなることは想像がつきます。すると脳が、脱水症状と勘違いして「水を飲んで薄めろ」と指令を出します。やたらと喉がかわくのは、このためです。 さらに体がブドウ糖を取り込めないため、甘いものをほしがるようになります。

また多量になった糖を体が排出しようとするため、尿の量が増えます。トイレに行く回数が増えるだけではなく、1回の尿量が増える「多尿」であることが糖尿病の特徴です。 こんな症状のみられる人は、ぜひ検査を受けるようにしましょう。

糖尿病は、あらゆる疾患を合併するおそれがあります。有名なものでは「網膜症」があります。視力が低下し、失明に至ることもある病気です。他にも、神経障害や腎疾患、脚が腐ってしまう「壊疽」などの合併症もありますし、男性ならEDを引き起こすことが分かっています。

日本人の糖尿病は、ほとんどが「2型糖尿病」で、生活習慣からくるものです。特に正しい食生活と適度な運動は2本柱であり、糖尿病の予防には欠かせません。 40代から健康的な生活を心がけるとともに、糖尿病の症状がある人は早めに受診して治療を開始することが大切です。

Recommend