Category : 元気がなくなってきた

ホントに効いてる?栄養ドリンクの効果

会社での責任も重く、疲れてもなかなか休みを取れない毎日。栄養ドリンクを 飲んで乗り切っているという方も多いのではないでしょうか? しかし、栄養ドリンクにはさまざまな危険な落とし穴が潜んでいるのです。

◆栄養ドリンクの成分

栄養ドリンクは、疲れを感じたときに摂取する人が多いと思いますが、どうしてすぐに疲れがとれるのか,理由をご存じでしょうか。 ドリンクに含まれるビタミンB群は、疲れを速やかに回復する効果が期待できますので、食事の栄養バランスが乱れている人には効果的です。また、その他のビタミンや鉄などのミネラル分も、体の機能を整えるのに効果的といえるでしょう。

しかし、栄養ドリンクには他にも多量の添加物が入っていて、中には摂取量を間違えると危険となるものもあるのです。
参考サイト⇒ 栄養ドリンク人気ランキング - 110種類以上の栄養ドリンクを比較

◆栄養ドリンクの危険性

例えば、ほとんどの栄養ドリンクに含まれている成分、カフェインを例にとってみましょう。 成分表示では「無水カフェイン」となっています。この成分は他にも総合感冒薬、いわゆる風邪薬にも含まれていて、鎮痛作用のある成分となっています。 適量を摂取すれば、一時的に眠気を解消したり、疲れを感じさせなくなったり、痛みを抑えるなどの効果が期待できるでしょう。

カフェインを摂取すると、脳血管への収縮作用が起こり、頭痛などの痛みは楽になります。しかし、ひとたびカフェインが切れると、脳血管の収縮作用はなくなり、脳血管は拡張、かえって頭痛が悪化します。  特に長期間カフェインを摂り続け、突然やめた場合の頭痛はひどくなると言われています。

また、糖分の含有量は21グラムもあります。これは3グラムのスティックシュガー7本分と同じ量です、大量の糖分を一気に摂取することで、一時的に血糖値を上げ、脳の働きを活発化させているのです。 ただし、これだけの量の糖分を一気に摂取し続ければ、糖尿病などの生活習慣病のリスクは格段に高くなります。

中にはアルコールが微量に含まれているものもありますが、摂取した瞬間はアルコールによって気分が高揚し、一種の興奮状態となって元気になったと錯覚するのですが、効き目が切れるとどっと疲れが襲います。

◆明日の元気を前倒し!

問題も多く抱えている栄養ドリンクですが、有識者の多くが最も気がかりとしているのは、「疲れの先送り」です。 栄養ドリンクは、今感じている疲れを体から取り除くわけではありません。 明日の分の元気パワーを、今に前倒しして使っているといった、元気の借金をしている状態なのです。 日常的にこれを繰り返していけば、いずれどこかで破綻することは間違いありません。そこが最も心配な点です。

最近は、若いうちからED(勃起不全)に悩む人が増えていますが、その一因として、日頃から栄養ドリンクで無理矢理元気を借金してきた結果、体が悲鳴を上げるせいだという見方をする人もいます。 EDになると、気持ちが落ち込み、元気も失いがちとなり、さらに栄養ドリンクに頼るという悪循環を引き起こします。

実は、栄養ドリンクと、自宅で朝、コーヒーに砂糖を入れて飲むことでもたらされる効果は、ほとんど変わりがないと言われています。それどころか、余計な物が入らない分、コーヒーの方が勝っているという意見さえあるのです。 若いうちは多少の無理も良いですが、成人病リスクが高まる40代では、栄養ドリンクの摂取には重々気をつけた方がよさそうです。

Recommend