Category : 検診を受けよう

40代から要注意!緑内障の検査を受けよう

緑内障は、視野が徐々に狭まっていく目の病気です。「まだまだ自分とは関係ない」と思いがちですが、40歳以上のうち、20人に1人がかかるほどメジャーな疾患です。 しかも初期症状に乏しい上、発見が遅れてしまうと失明に至る可能性もある怖い病気でもあります。ぜひ検診を受けるようにしましょう。

◆症状の出にくい緑内障

緑内障とは、視野が徐々に欠けていく病気です。目の中にたたえられている「房水」という水がうまく排出されなくなるために、圧力(眼圧)が上がり、視神経を圧迫することで視野が狭まっていきます。 統計によると、40歳以上の日本人のうち、20人に1人が緑内障をわずらっているといわれ、その9割近くが緑内障であることに気づかないまま過ごしているとのデータもあります。

「最近、よく見えないなぁ」と気づいたころには、実はすでにかなり進行しています。緑内障は初期症状に乏しく、自覚することが難しい病気なのです。 視野は、端のほうから少しずつ欠けていくのですが、そのスピードは非常に遅いため、かなり欠損が広がらないと気づけません。さらに私たちは2つの目で物を見ていますので、片方の視野に欠損があっても、もう片方でそれを補ってしまいます。視界の中心部が見えなくなって、初めて異常に気付く人が多いのです。

上記のような「慢性緑内障」のほか、急に眼圧が上がる「急性緑内障」もあり、この場合は激しい頭痛や目の痛み、充血、吐き気などがみられることがあります。放置するとあっというまに失明する危険がありますので、すみやかに受診しましょう。

◆年に1度の眼科検診を受けよう

緑内障の怖いところは、1度欠けた視野は2度ともどらない、ということです。圧迫されて死滅した視神経の細胞は、今のところ生き返らせることができません。将来、再生医療がもっと発達すれば、完治する日がやってくるかもしれませんが、現在では点眼治療や手術などで、進行を食い止めることが治療の目的になります。

早期発見のためには、40歳になったら年に1度の眼科検診を受けることが、もっとも確実です。検査機器の整った眼科で、眼圧検査や眼底検査、視野検査などを受けましょう。特に視野検査は必須です。

緑内障は眼圧が上昇することで起こる病気ですが、なぜか日本人の場合、眼圧は正常範囲にある「正常眼圧緑内障」の患者さんが多い特徴があります。そのため、眼圧の数値だけでは診断できないのです。

日本人は、病気発見のための眼科検診を受ける率が、世界でもワーストといわれています。早期に発見できれば、それだけ視野の欠損を防ぐことが可能ですので、ぜひ40代から検診を受けるようにしましょう。

Recommend