Category : 日常の変化

歯ぐきから血が出る

日本では成人の80%以上が罹っていると言われる歯周病。 歯ぐきの色が悪くなる、歯が長くなったような気がする、こういった症状が現れたら早めに歯科医で診てもらいましょう。

◆歯周病とは?

歯周病とは、一言で言うと口中の細菌の塊であるプラーク(歯垢)によって歯ぐきが炎症を起こす疾患です。 朝起きた時、口の中がネバネバしていたり、自分でもイヤなニオイを感じたことはありませんか?

これは眠っている間は唾液の分泌量が少なくなるために細菌が繁殖するからなのです。 放っておくとプラークからより固い歯石となって歯にこびりついてしまいます。こうなると自分で除去するのは難しいでしょう。

口の中には実は肛門よりも多くの細菌が存在しています。 その多くは唾液によって制御されていますが、清潔を保つには歯磨きが最も効果的です。 朝起きた時と夜寝る前には欠かさず行うようにしましょう。

◆症状のいろいろ

歯周病は歯肉炎と呼ばれる歯ぐきの変色や腫れから始まります。 歯磨きの時に出血が見られることもあるでしょう。 プラークによって歯ぐきが炎症を起こし、歯周ポケットというすき間ができてしまうのです。 この段階であれば、歯科医で適切な治療を受け、正しい歯磨きの習慣をつければ充分治療が可能です。

症状が進行すると歯ぐきが下がって歯が長くなったように感じられます。 歯周ポケットが深くなることで歯石ができやすくなり、出血も歯磨きの度に見られるようになります。 細菌を殺すために白血球が活発に働くため、その死骸である膿も出始めます。 口臭もかなりきつくなってきます。

◆最後は歯を失いかねない

歯周病の最終段階は歯槽膿漏です。 細菌によって歯の土台である歯槽骨が溶かされ、歯がぐらぐらになってしまいます。最悪の場合は抜けてしまうこともあります。 歯ぐきは赤紫色になり、何もしなくても血や膿が出ている状態です。

こうなると歯科医にかかっても健康な状態に戻すのはほぼ不可能です。 それ以上進行しないように処置するのがせいぜいでしょう。 40代以上になると歯を失う原因の多くが歯周病であると言われています。 日頃から正しい歯磨きを心がけるとともに、「おかしいな?」と思ったら早めに歯科医にかかりましょう。

◆定期的にチェックしてもらおう

近年はかなり向上してきたとはいえ、日本はまだまだ歯に関する意識の低い国です。 「歯医者は歯が痛くなったら行くところ」と考えている人は多く、中高年以上になると市販の痛みどめなどで我慢をしてしまうこともあるようです。

歯は放っておいても治るものではありません。 また、すべての疾患において言えることですが、「早期発見・早期治療」が大切です。 生涯自分の歯を維持するためにも、かかりつけの歯科医を持っておき、数カ月に一度はチェックしてもらうとよいでしょう。

Recommend