Category : 日常の変化

寂しさが身にしみる!?孤独の恐怖

30代では人もうらやむ独身貴族で通していた方も、40代になると急に寂しさを感じる事が多いようです。 暗い家に帰るのが寂しい、暖房の付いていない部屋の寒さが身にしみるなど、突然、孤独に襲われることも多いようです。 また、家庭や会社において、ふと気づくと孤立してしまっていると感じる方も多いようです。

現代では、40代でも独身という方が増えています。40代全体でも約3割が独身という統計もあります。自分の意思で独身を選択する人もいれば、さまざまな事情で結婚したくてもできない人もいることと思います。

30代ではまだ余裕があり、いつか結婚できればいいな、などのんびり構えていた人も、40代ともなると、人生の折り返し地点を超えたことに気づき、「このままでいいのか?」など、急に焦りを感じる人が多くなります。

休日に時間をもてあます、病気の際に看病してくれる人がいないなど、30代には気にならなかったことも、40代では寂しく思うことが多くなるようです。 しかし、男性でも40代ともなると結婚のハードルは高くなり、思い通りの相手に出会えることは少なくなってきます。

長年の独身で、自分なりのこだわりを強く持っている傾向が強い40代男性は、相手に合わせる、妥協する、という、結婚には大切な部分を苦手とする人が多く、さらに結婚相手には厳しい条件をつけてしまい、そもそも条件に合う人を見つけることが難しい、という場合が多いようです。

「妥協するぐらいなら、一人のままで良い」というのも一つの考え方でしょう。 妥協せず、潔く最後まで独身を通すのか、それとも妥協して孤独から抜け出すのか、難しい選択を迫られる年代かもしれません。

ただし、40代を過ぎれば、結婚の可能性はさらに低くなります。女性は、バツイチなど、一度でも結婚した事がある人と、ずっと独身だった人では、結婚の経験がある人の方に好感を持ちやすいという傾向があります。

また、既婚者でも40代では、孤独感を感じる人が多いようです。子供が思春期にさしかかると、急によそよそしくなり、場合によっては顔を合わせることさえ避けたりし始めます。成長の過程で,避けて通れないことなのですが、その変化に寂しさを感じる人は多いようです。

また、40代は会社内での自分の立場が決定的になる時期でもあります。 出世コースに乗る人と、これ以上の出世は望めないと感じる人に分かれるようですが、どちらの立場になったとしても、これまでの人間関係が微妙に変わり、社内の居心地が悪くなったと感じる方が増えるのです。 これまで、家と会社だけを自分の居場所としてきた人にとっては、そのどちらもが居心地悪くなるのが40代の特徴かもしれません。

新たな居場所を見つけることで、孤独感を解消できる可能性があります。これまでなかなか手を出せなかった趣味、例えば音楽や絵画、写真などの教室に通ってみたり、登山や釣りなどの同好会に参加してみるなど、これまでとは違った人間関係を持つと、新たな出会いや発見があり、生活にも彩りが加わります。

孤独のストレスはかなり深刻で、うつ病などの精神疾患だけでなく、がんなどの重大な病気の引き金にもなりやすいものです。 積極的に動き、毎日を楽しく過ごすことは、現在の人間関係の改善にもつながります。

Recommend