Category : 元気がなくなってきた

「ムラムラ」しなくなってきた

女性ほど急激な変化はありませんが、男性もホルモンの分泌量が徐々に減少してきます。 最近注目されている男性更年期もこのためです。 体のさまざまな不調に加え、メンタル面でも変化が起こりますが、特に顕著とされているのが「やる気がなくなる」「倦怠感」、そして「性欲の減退」です。

◆男性ホルモンの働き

男性ホルモンは第二次性徴とともに急激に増加し、「男性の体を男らしく」します。 筋肉や骨格をたくましくする、声を低くしたりヒゲや体毛を濃くするなどの外見に影響する作用の他、生殖機能を発達させる重要な役割があります。

また、競争心や積極性、闘争心といった欲求も亢進させます。もちろん性欲もその一つ。 男性が思春期に精神的に不安定になったり始終イライラして落ち着かないのは、こうしたホルモンの分泌が大きく関わっているのです。

男性ホルモンは早い人なら30代から減り始めますが、個体差が大きいという特徴もあります。 また、最近の「草食男子」のような、若いうちから男性ホルモンが少なそうなタイプよりも、エネルギッシュで活力に溢れている人の方がその変化に苦しむ傾向があるようです。

参考サイト⇒ 男性ホルモンの効果:メンズヘルスメディカル

◆なぜ性欲が減退するのか

ホルモンバランスの乱れによってうつ状態が表れるのは男女共通の悩みです。 男性の場合はED(勃起不全)が起こることも珍しくありません。

それどころかそもそも性欲が減退する、ムラムラしなくなったなど、セックスに対して消極的になる傾向もあるようです。 男性ホルモンは乱暴に言えば征服欲の源でもあるわけですから、やる気や集中力、性欲が衰えるのも当然でしょう。

勃起は性的興奮によって中枢神経が刺激され、血液が陰茎に流れ込むことで起こるのですから、性欲そのものが減退してしまってはEDになるのも無理はないと言えます。

◆40代の過ごし方で生涯現役でいられるかが決まる

日本人男性の場合、40~50代よりも60代以上の方が男性ホルモンが多いという調査結果が出ています。 これにはストレスが大きく関係していると考えられるでしょう。

男性ホルモンはセックスを始め、楽しいと感じられることをすると副交感神経が刺激されて分泌が活発になるとされています。 しかし、強いストレスが継続すると今度は交感神経が働いて抑制されてしまうのです。

ストレスだけでなく、生活習慣や食事、適度な運動など注意が必要です。 40代を健康的に過ごすことはその後の男性ホルモン量を左右すると心得てください。

◆男性ホルモンを増やすには

男性ホルモンの原料となるのはコレステロールです。 生活習慣病の原因の一つでもあり、とかく悪者扱いされがちですが、体を維持するには不可欠な物質です。 ダイエットや健康のためにと極端な菜食主義や油断ちなどは避けましょう。

適度な性生活も男性ホルモンを増やすのに効果的です。 性欲が減退している時にはなかなかその気になれないかもしれませんが。健康のためにも専門医で相談してみてくださいね。

Recommend