Category : 日常の変化

近くが見えない。これって老眼!?

40代になると、老眼を訴える人が一気に増えてきます。 ほとんどの人が通る道ですが、中にはメガネを使わないで済ませようとする人も多いようです。 しかし見にくい状態をガマンして生活するほうが目に悪く、メガネをかけるころには突然、度数の高いものを必要とすることになってしまいます。

◆老眼になるメカニズム

老眼は、目のピントを合わせる水晶体を調節する力が弱まったことで起こります。通常、人は水晶体の厚みを適宜変えながら、カメラのようにピントを合わせて物を見ます。しかし40歳前後から、水晶体の厚みを調節しにくくなり、ピントの合わせられる範囲が狭くなります。特に近くの物が見にくくなり、新聞や本、ケータイ画面などを遠く離さないと細かい字が読めなくなるのです。

誰にでも起こる代表的な老化現象であり、40歳になるころには何らかの自覚症状が出ていることも多いものです。たとえば遠くを見る時は普通なのに、近くの物を見ているとなぜか疲れる、薄暗くなると近くが見えにくくなる、などです。細かい字を離してみるようになったら、老眼のサインといえるでしょう。

◆お洒落な老眼鏡もいっぱい!

40歳前後というと、まだまだ若く、老化を認めるには抵抗のある世代です。見えにくくなったな、とは感じても、すぐに眼科へ駆け込む人は少ないでしょう。 しかしメガネを使わずに無理をして近くの物を見ようとすると、目に力を入れて細めてしまうため、目の疲労も濃くなりますし、頭痛や肩こり、めまい、吐き気などの症状にもつながります。

既に遠視用のメガネを使っている人は、いちいちメガネをずらして物を見ることもあります。当たり前のことですが、遠視用のメガネでは老眼をカバーすることはできません。そんな方には、1つのメガネでどちらにも対応できる、遠近両用メガネもあります。

老眼鏡という言葉自体が、いかにもシルバーという感じがするのですが、実際は今時の40代にも十分受け入れられる、お洒落でデザイン性の高いメガネが多数登場しています。一見すると老眼鏡というイメージはまったく感じないほどです。

ちなみに巷では「老眼鏡をかけると、ますます老眼が進む」という都市伝説がありますが、これはまったくのデタラメ。逆に、見えない目で見ようとがんばるほうが、老眼を加速させます。 メガネのほかにコンタクトもありますので、見えづらさを感じている人はぜひ眼科へ行きましょう。

おしゃれな老眼鏡の選び方

Recommend