Category : 体型の変化

急激な肥満に隠された恐ろしい病とは

「何だか最近太ったなあ」 40代になると、若い頃よりも代謝が衰えるため、肥満のリスクを背負うことになります。特にたくさん食べているわけでもなく、今までと同じように生活していても,若い頃より太りやすくなります。

生活を見直し、食事をセーブするなどの対策を講じないで放っておけば、どんどん太っていくのです。 しかし、なぜ年齢を重ねると太りやすくなるのでしょうか? これは、男性ホルモンの分泌が影響しているといわれています。男性ホルモンは、放っておけば40代頃から次第にその分泌が減っていきます。

男性ホルモンは、筋肉の量や代謝を保つ働きをしていますので、ホルモンが減少すれば代謝機能も衰え、余った栄養素が体に蓄積されて肥満へとつながるのです。 男性ホルモンは、競争や、競争後の達成感で増えるという特徴があります。仕事がうまくいっていると増えるのですが、結果が出ないと抑制されます。

ホルモンの減少は、年齢だけが原因で起こるものではありません。 現に、男性ホルモンは、60代の男性よりも40代のほうが少ないというデータもあります。 仕事がうまくいかない、夫婦の関係がうまくいっていないなど、40代頃から多くの人が感じる悩みが,ホルモンを減少させていると考えられます。

40代では多くの場合、会社での責任も重く、家庭でのストレスも多く、男性ホルモンが減少するリスクを最も背負っている世代といえるかもしれません。 ストレスで減少した男性ホルモンを増やすためには、積極的に運動をし、筋肉を鍛えることが効果的です。運動して筋肉を動かすことで、ホルモンの前駆体が男性ホルモンに変わり、その量が増えるのです。

生活習慣病の予防としても適度な運動はおすすめです。新たな習慣として積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。 また、夜の生活を充実させることも男性ホルモンを増加させます。達成感を味わうためには、バイアグラなどのED治療薬の使用もお勧めです。最近はバイアグラもジェネリック医薬品が発売されるなど、昔より求めやすくなっています。

しかし、急激な体重増加には、重篤な病気が隠されていることもあります。一月の間に目に見えて体重が増加した、何だかむくんできた,などの場合は,注意が必要です。

心不全、肝硬変、ネフローゼ症候群、甲状腺機能障害などで、体内の血流や体液を司る臓器に不具合が発生すると、体中をめぐっている体液がうまく流れなくなります。本来であれば体外に排出されるはずだった体液が、排出されないでそこに放置状態となり、どんどんと溜まっていきます。結果、急激に体重が増加する、むくむという症状となって出てくるのです。 放置すれば命に関わりますので、特にむくみが現れた場合は、速やかに病院に行くことをお勧めします。

太ってくると、自分の現状から目を背け、気づかないふりをしてしまう人も多いのですが、アメリカでは、太っている人を「自己管理能力に劣る」と判断するなど、肥満は病気のリスクを高めるだけでなく、見た目を大きく損ない、社会的なイメージにも悪影響を及ぼします。 年だから、多少の貫禄があった方がいいから、とあきらめないで、しっかりと自分の体に向き合い,体重増加をコントロールしたいものです。

Recommend