Category : 日常の変化

四十肩になる

症状はともかく、四十肩というのはよく聞くと思いますが、一方では五十肩というのもあります。四十肩と五十肩。この違いをご存知でしょうか。 実は同じなんです。

呼び方は違いますがこの2つは同じ症状のことで、大体40代後半から60代にかけて発生する症状から四十肩、五十肩と言われているのです。 あなたが40代でこの症状が出れば「四十肩」ですと言われ、50代を過ぎてこの症状がでれば「五十肩」ですよ、と言われるわけです。

◆四十肩とはどのような症状か

名前から肩の不具合だとは分かりますが、所謂肩こりとは違うのでしょうか。 まず、四十肩/五十肩(以下、四十肩とします)は、慢性的に痛いというのではなく、肩を上下・水平に動かすと痛みが走り、腕や肩を痛み無く動かせる範囲が狭くなってしまう症状のことです。 特徴としては、痛みは片方の肩だけに起きるのが一般的で、両肩が一度に痛くなることは無いようです。

それに対して、肩こりとは慢性的に痛みはありますが、腕や肩を動かしても痛みは続きますがその動作には特に問題はありません。 平たく言うと、腕や肩に痛みはあっても、服を着替えられるのが肩こり、それが困難なのが四十肩となります。

肩こりは姿勢の悪さや緊張状態が続くことによって首や肩の筋肉がこわばり、血行が悪くなることで起こるものです。 そのため、適度なマッサージなのである程度の回復は容易で、肩たたきなどで気持ちの良さも感じますが、四十肩はそうではありません。

マッサージなどを行うと逆に痛みが増加する可能性があるので注意が必要です。 四十肩の発生原因は実はよく分かってはいませんが、年齢とともに発生する傾向にあることから、こちらも老化による影響だと考えられています。 四十肩は肩の間接周りの筋肉組織が炎症を起こしていることから、医学的には「肩間接周囲炎」と言われています。

原因は歳のせい、と言われても困ってしまいますが、経験者の方はわかると思いますが、四十肩は痛みが発生してもそのうち自然と治ってしまいます。 ただ、それは最初のうちだけかも知れません。自然治癒も1週間程度ということもあれば、1年以上も掛かる場合があるからです。 その為、肩の痛みが1週間以上も続くようでしたら、医者(整形外科)に相談することをお勧めします。

◆四十肩の対策と予防はこちら

先程四十肩と五十肩は同じ症状という話をしましたが、実は症状は同じでも意味がちょっと違っています。 最初は五十肩でした。つまり50代を超えた人が発生する症状でしたが、その内に40代でも多く見られるようになったことから四十肩という言葉が出来たのです。 つまり、この症状は低年齢化しており、最近では20代30代の人でも症状が現れる人が出てきているようです。

これから四十肩は身体の老化と一言で済ませられなくもなってきているのです。 五十肩は江戸時代の記録にも書かれているそうですから昔からあるようですが、40代以下となると所謂生活習慣の変化が考えられますが、原因が分かっていないため何とも言えないところです。

それでは、四十肩が痛いときはどうすればいいのでしょか。 痛みがある部分を温めるのが良いようです。タオルを温めて痛い部分を包むように温めるといいでしょう。 市販の湿布も有効ですし、ぬるめのお風呂にゆっくり入るのもお勧めです。

更に、痛みが発生しない範囲で無理しないように運動することも大切です。温めることと無理ない運動の組み合わせで痛みは抑えられるはずです。 これらは四十肩の予防にもなりますので、普段から心掛けることと、それでも痛みが続く場合は医者に行くことです。 自分の身体は自分でメンテナンスすることが必要です。

Recommend